比叡山に咲く花 ’21.5.4 曇のち晴

 今年はコロナ禍といい、植物の世界でも近年の花暦とは大きな違いがある年となってしまったのではなかろうか。こちらではヒメフタバランにカヤランは完全に花も終わっており、ギンランすらもうカメラの対象外となっていた。歩く道すがらには今が丁度花時だろうか。トキワハゼが足の踏み場もないくらいあちこちに咲き誇っていたが、残念ながらこちらの心に留まるほどの対象花とはならなかった。

 ならばと思って、河岸を変えてツルキンバイは同だろうかと足を伸ばしてみたが、こちらも最後の花が少しばかり待ってくれていた。それが↓の画像である。ツルキンバイといえば山梨県の三つ峠山で大群落が忘れられない。もちろん、近畿圏の山でも方々にあるのだが、それぞれ個体数が多くはない。今回の比叡山においてもしかりそう群生とはいいがたいのが残念だ。

 このツルキンバイは山地の林下に生える多年草であり、他の仲間と同じように3枚の小葉からなり、その裏は毛があって琥珀色に見える。そして、暗赤色の長い匍枝を地表に伸ばすのも特徴の一つだ。その小葉は菱状卵形で、長さ2~4cmの鋸歯のハッキリした姿が、見栄えのよい葉をつけるのだ。

     
これももうほとんどエンドのツルキンバイ(バラ科ツルキジムシロ属)     花も消えて形のハッキリする葉のみ並んでる・・

 水の流れが好きなクリンソウが賑やかになりだしてきたようだ。その花が方々で小群生で散らばって咲いている。でも、日差しの強すぎる場合には、思いのほか花びらが持ちこたえられないようで、花の命はそう長くはなさそうなのが可哀想な種のようだ。

 
今が花盛りのクリンソウ(サクラソウ科サクラソウ属) 

 この時季の山野草類は以外に多くはなさそうだ。マムシグサの仲間は多いが今回は↓のムロウテンナンショウが多かった。この種の簡単な特徴は、仏炎苞がふつう淡緑色まれに紫色を帯びる。付属体の先は少し前に曲がり、マッチの頭のようにふくらみ、緑色なので分かりやすいだろう。。

 また、↓右は葉のみだが、葉は一枚だけで、3枚あれば3株となる。この葉の太く見える主脈が白色なのが大きな特徴である、その花の名は「ヒトツボクロ」というラン科の花である。その花時は後1ケ月先の5末~6上の頃には咲くこととなるだろうか・・?。

     
ムロウテンナンショウ(サトイモ科)     ラン科のヒトツボクロは超希少種だ

 ツツジ科は大きな科の仲間であり、開花時期も幅が広いが、今回のヤマツツジは遅い方だろうか。でも、遅い種は他にも沢山ありそうだ。今日はこの↓のヤマツツジが一番華やかな雰囲気であったが、まだ蕾も他に見られた。もちろん、ウスギヨウラクなどはほとんどが終焉の感じであった。それにウスノキは満開だったが、花が小さめで色合いが地味なために目につくハイカーは少なかろう・・。

 さすがに木本類は蕾が多くありこれからが楽しみとなろうか。一番早そうなそれは、ミツバウツギ・ハナイカダ等がしばらくで開花を向けることだろう。ツクバネウツギ終盤だが、コクサギは満開だった。

 
↑のヤマツツジが部分的に色違いとなっているのは、強い日差しがあたっての花びらが白っぽく見えている。 

ホームヘ

210508.htmlへのリンク

210514.htmlへのリンク

inserted by FC2 system